ぽんたの気ままな写真

 花・散歩~のんびり気ままな写真です

水草水槽の世界


寒さと雨続きの天候で、散歩・撮影に出かけるのも億劫になります ^^;
何よりも気になる超大型台風21号の、大雨・暴風対策や準備が済みましたら・・・

水槽の中にもこんな風景(水景)があります 
是非とも全画面でご覧下さいませ(約22分間)


音量に注意! ボリュームは御自分で下げてください~♪
  
「アクアデザイン アマノ」公式チャンネルより
世界水草レイアウトコンテスト2016 世界ランキング127位から1位までの作品です



追記
水草レイアウト や その美しい写真・映像 に興味のある方は
下記にリンクを貼りましたので参考までに・・・

『天野尚 NATURE AQUARIUM展』





テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/22(日) 00:00:15|
  2. アクアリウム

そして・・・もう一つの水槽 ~ ミナミヌマエビ

PA120019(1).jpg
左下 W30×D20×H14(cm)
約6リットルのフチ無し小型水槽と、ろ過器AT-20を追加しました~(^^)




PA120025(2).jpg
ミナミヌマエビが、5匹います・・・写っていませんが~(^_^;)
白い土管の様な物は、ろ過器に入りきらなかった ろ材②です
(下図”ろ過システム改良”参照)




PA120035(1).jpg
「ミナミヌマエビは、産卵も淡水中で行い、一生を淡水域で過ごす陸封型のヌマエビです
種レベルでは朝鮮半島、台湾、中国まで分布するが、狭義には日本固有亜種を指して「ミナミヌマエビ」と呼ぶ・・・」
Wikipediaより

ガラス越しのオートフォーカスは、ピントが難しいです ^^;
ミナミヌマエビが我が家に来て(9月28日)から、まだ一度もエサは与えていません
沢山フンをするので、水槽内に発生するコケ等を食べているはずです・・・

光って見える糸は
流木にウイローモスという水生コケを釣り糸で巻き付けて
活着させようとしているところです




PA110001(1).jpg




PA110004(2).jpg




ろ過システム改良
Windows7に付いている「ペイント」で作製


随分と久しぶりのアクアリュウムは、水草水槽ではなく
ミナミヌマエビ と オトシンクルス が主役になりました
水槽の掃除のしやすさと、どの位のフンが出るのかを観る為に
底砂が無い=ベアタンク を試しています

底砂のバクテリア効果は、期待出来ないので
ろ過システムを
「物理的+吸着」から「物理的+生物ろ過(バクテリア利用)」に
同時に
「使い捨て」から「繰り返し使えるタイプ」に、と改良してみました~(^^)
ろ材以外は、100均で揃います~♪

AT-20の改良情報は、ネットで検索すると幾つかあるので参考になります
ちなみに、AT-20の適合サイズ:15~32cm水槽用(テトラ社のHPより)


水草水槽のコケ対策として飼われる脇役だった オトシンクルスとヌマエビたち
意外と愛嬌があり 毎朝 フン掃除=水換え をしながら眺めています~(^^)




テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/20(金) 00:00:27|
  2. アクアリウム

オトシンクルスのエサ作り ~ キュウリ編

PA110003(1).jpg
食べ忘れていた様な、萎びたキュウリを用意します~^^;




PA110004(2)_20171014124441631.jpg
ピーラーで皮をむき




PA110005(1).jpg
長さ4cm前後と適当な輪切りにします
更に気分次第で、それを半分にタテ切りにしてみたりします




PA110010(1).jpg
容器に入れて冷凍庫へ




PA140018(1).jpg
そんなキュウリに吸い付いたまま・・・食べているのか? 時々シッポを振ります~♪

「オトシンクルスは、アマゾン川を中心に南米の河川に広く分布するナマズの仲間です
草食性の強い雑食で、吸盤状の口で流木やガラス面に生えた藻類を削る様に食べます」
Wikipeddiaより
地味だけどやっぱり 熱帯魚だった^^; 
外の最低気温が、15度を下回る日もあるので
そろそろエアコンを使おうか?・・・

ところで
凍ったキュウリは、レンジでチンしてから使います
クタクタ(とにかくエサは、柔らかい方が好みのようです)になった
ホットキュウリを水道水で冷やし・・・
後は水槽内に固定(水に浮くので)して、夕方から翌朝まで与えます
翌朝には、一旦取り出した方が、水質へのダメージは減ります




テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/18(水) 00:00:59|
  2. アクアリウム

小田原フラワーガーデン9月②

P9300047(1).jpg




P9300049(1).jpg




P9300051(1).jpg




P9300054(1).jpg

まだ夏の暑かった頃 早咲きのコスモスを観ました・・・
朝晩のひんやりとした空気を感じる今の時期のほうが
秋桜のイメージに、合う気がします~(^^)




P9210221(1).jpg

小田原フラワーガーデンの大きなイチョウの木も
もう直ぐ黄色く染まります
秋から冬へ そして新しい年を迎えて・・・
いや~もう 何だか一年が早すぎる (^_^;)



小田原フラワーガーデンの散歩にお付き合い頂き ありがとうございました




テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/16(月) 00:00:29|
  2. 小田原フラワーガーデン

ぷち ホテイアオイ(無農薬)

PA100058(1).jpg




PA110007(1).jpg


ホテイアオイは、元々~南アメリカ原産の外来種です
冬にほとんどが枯れても、繁殖力が強いので厄介な面があります(^_^;)

水中に伸びる根の水質浄化作用も強いので
小型水槽に合わせて ぷち ホテイアオイ を入れてみました
(無農薬→魚が大丈夫でも、エビ類は残留農薬で全滅する事があります)

ホテイアオイ > ミニホテイアオイ > ぷち ホテイアオイ
という大きさの違いがあります

「組織培養の屋内育ちなので、屋外では枯れる可能性もあり~」との事です
最低気温・室温15度は
胡蝶蘭、エアプランツ、オトシンクルス、ぷち ホテイアオイと共通ならば
狭い我が家のエアコン設定温度を決めるには、楽?といえば楽です

オトシンクルス や ぷち ホテイアオイ は、冬を乗り切れるのか?
水槽照明も無い窓際の水槽でも強光を好む ぷち ホテイアオイ は育つのか?
ウオーターヒヤシンスという別名通りの花も咲くのか?

さて、どうなることやら・・・ 



次回は、小田原フラワーガーデンの続きです




テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/15(日) 00:00:49|
  2. アクアリウム
次のページ

プロフィール

 ぽんた

Author: ぽんた
コンパクトデジタルカメラの
オリンパス・SH-2&SZ-16を使った
気ままなスナップ写真です
リンクは
連絡の必要もありません
前日に訪問された方を
翌日に訪問しています
コメントのやりとりは
得意ではありません
悪しからず

写真の転載は、お断りします

カレンダー

月、水、金曜日の予約投稿で やってます

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

アカオハーブ&ローズ (184)
フラワーセンター大船 (101)
小田原フラワーガーデン (109)
花菜ガーデン (6)
蘭 (30)
エアープランツ (30)
サボテン (5)
多肉植物 (2)
東京 (1)
東京・丸の内 (1)
浜離宮 (2)
横浜 (10)
横浜イングリッシュガーデン (5)
逗子・葉山 (6)
江ノ島 (8)
茅ヶ崎 (14)
平塚 (7)
大磯城山公園 (3)
吾妻山 (19)
せせらぎ公園 (9)
松田町 (8)
小田原 (31)
箱根 (12)
大雄山・最乗寺 (16)
根府川 (7)
真鶴 (10)
湯河原 (37)
熱海 (51)
河津 (5)
下田 (15)
三島 (50)
伊豆長岡 (1)
伊豆修善寺 (3)
沼津 (5)
富士山 (11)
釣り魚 (4)
花火 (6)
アクアリウム (6)
未分類 (31)

リンク

このブログをリンクに追加する

FCカウンター